妻が欲しいと思う家電家事グッズは9割方買って損しない

妻が欲しい、買いたいと言ってくる家電や家事グッズは、買って損しません。

 

それだけで、妻のストレスは減り、円満家庭に近づきます。

 

逆に言えば、それだけで、妻のストレスは増えます。

 

私の経験から説明します。

 

欲しいというものを買わないことがストレス

どうやら女性という生き物は、モノを買うということでストレスを発散する傾向があるらしいです。

 

専門家が言っている訳でもなく、統計データがある訳でもないですが、私が妻から聞いたことによる調べです。

 

結婚前、あれも要るねこれも要るねと言って、IKEAやNITORIをハシゴしまくって調理器具とか小物とか色々買いました。

 

それ要る?みたいなものは当時からワンサカありました。

 

「これいーじゃん、サラダの水切りに使うやつ。遠心力で水分飛ぶからキッチンペーパーとか節約できるし、水気もよく切れるんじゃない??」

 

ここ数年、キッチンで深い眠りについています。

 

こんなんグルグル回して水を切るよりは、キッチンペーパーで鷲掴みにして水分取った方が早いし洗い物も減るということに気づいたのでしょう。

 

 

「2人暮らしだからねー。お肉は冷凍必須だからこういう密閉させとかないと。ラップだとたくさん使ってもったいないし、密封されないから鮮度が云々・・・」

 

少しの期間使ってしばらくキッチンに眠っておりましたが、メルカリで売りに出しました。

 

サランラップで適当に巻いて冷凍するのが一番手っ取り早いからです。

 

妻曰く「いちいち熱で密閉させんのがめんどっちくなった」

 

おーい!!あんだけこだわってた密封はどこ行った!!??

 

そうです。

 

そろそろ見えてきたと思いますが、買うとき、あれこれ理由をつけていて、実際に使うときのこと、特にデメリットな点はあまり考えてないのです。

 

何故なら「買う」ことが目的だからです。

 

でもそれで満足してくれてストレス減るならいいんじゃないですか?

 

何十万とかじゃないですし。何十万するなら別ですよ。

 

買ったら使えるものも結構ある

ドラム式乾燥機付き洗濯機

我が家で一番、妻が欲しいと言って買って役に立っているものは、ドラム式乾燥機付洗濯機ですね。

 

これはピカイチで役に立ってます。

 

子供が産まれて保育園に入る前、買い換えました。

 

前の洗濯機はまだ7年くらいだったので、まだまだ使えます。

しかし、子供の服はすぐ汚れるから毎日洗わないといけない。

毎朝戦争のような状態で洗濯物を干すなんて時間は無い。

おまけに雨の日どうする・・・?

 

とまあ色々考えてましたけど、本音としては

 

  • 朝10分もあれば干せる
  • 雨の日は浴室乾燥がある

 

みたいなことを考えてましたが、結局20万くらいする洗濯機購入。

 

ところがいざ毎日が始まってみると、「10分あれば干せる」と言ってたその10分がどれほど朝は欲しいか、次の日雨に限ってシーツとかマットに子供がXXXしてまうとか。

 

そう思うと、朝起きて洗濯機開けるとホカホカに乾いた洗濯物たちを出していると彼らが「おはようございます」と言っているようにさえ聞こえる。

 

すばらしき乾燥機付洗濯機。

 

ホットクック

時短家電の定番のホットクック。

 

これも良いです。

 

キッチンでわらわらと作っていても、短時間で1品、しかも材料投入してポチッとなするだけでいいのですからこれは楽です。

 

スープものから煮物まで何でもOK。

 

タイマー機能もあるから朝にエイヤーで材料投入しておけば帰ってきたら召し上がれとばかりに出来立てがそこにある。

 

釜がでかいので洗い物は多少面倒ですが、大変重宝しています。

 

電動自転車

保育園までは家から自転車で5分、妻の職場まで家から自転車で5分、保育園から妻の職場まで10分。

 

普通の自転車に子供載せる椅子後付けで十分では?と思ってました。

 

坂道も無いし、遠くも無いし。

 

ですが、職場が近い分、日々の送り迎えは妻がメイン。私は押し黙って電動自転車を買いましたが、これが非常によろしいのです。

 

保育園の送り迎えは当然楽ですが、少し遠くに子供を連れて遊びに行くときとか、一人で少し遠くに行くときとか、とにかく楽です。

 

上り坂で足に力入れなくてもスイスイ。

 

1回これに慣れてしまったら、普通の自転車がしんどい。とにかくしんどい。

 

保育園の送り迎えだけかと思っていましたが、それ以外にも使い勝手がよく、高い買い物でしたが、それに見合うメリットは享受できているかなと思いますね。

 

 

妻の推しを退けて損したなと思うもの

ここからは、妻が推してたけど私が退けたシリーズで、後悔したものです。

エアコンを加湿機能付きにしなかった

新しく家を買ったとき、リビングにつけるエアコンを買いに行きました。

妻は、「エアコンは加湿機能付きのがいい」というです。

ですがそっちの方が数万円高いうえに、我が家にはすでに加湿器がある。

 

何で加湿器があるのにわざわざ加湿機能付きのエアコンが要るんだ?しかも数万も高いじゃないか。要らん。冬、加湿器つければいい。洗濯物を部屋に干して加湿すればいい。

 

そう思って妻の要請を却下し、加湿機能の無いエアコンが我が家に来ました。

 

最初の1~2年は問題なかったが、子供が産まれてから、後悔が出てきました。

 

まず、子供が動き回りだすと、加湿器でつかまり立ちをしたり、加湿器のコンセントを気にしたりという遊びのターゲットになります。

ましてや風が出てくるためそれが楽しくて仕方ないということになってしまいました。

 

加えて、そのうち、加湿器に乗ろうとしたり、加湿の出口からものを入れて遊んだりと、完全におもちゃになってしまいました。

 

この時ばかりは、「あー加湿機能付きにしとけばよかった」と素直に思いました。

 

しかもよく考えたら加湿器はそんなに新しくないので、洗濯機みたいにちょっと早く買い替えという手もあったなあと思いました。

 

未来は見えないし、子供が加湿器に興味を示してそれを遊び道具にすることなんて想像も予想もできないから、当時を思えば無理もないですが。

 

ジューサー

生野菜をそのまま絞り、ジュースにできるというものです。

 

野菜は野菜として食べればいいし、野菜ジュースもあるし、要らないだろって思ってました。

 

が、特に葉物はすぐに傷むし、共働きしていたら、手の込んだ時間をかけた料理なんてなかなか作れないので、使い方が限定される野菜はどうしても使わなくなります。

 

そうなると、食べる野菜が限られてきて、似たようなメニューになる・・・。

 

野菜不足という訳ではないですが、日々の食事にあまり変化が無いとなると栄養も偏りがちになるかもという懸念はあります。

 

そうすると、スイッチオンで野菜の栄養濃縮ジュースができ、グイッと飲めて栄養も補給できるジューサーはあった方がよかったかなと。

 

ただ、搾りかすが出るので、それがデメリットだなと思います。

 

さいごに

妻が欲しいという家電家事グッズは、たいがいのものは買っておいた方がいいです。

 

特に、あなたが家事をするケースが少ないならなおさらです。

 

毎日のことだから少しでも楽に、少しでも時短、少しでも負担軽減、と考えている妻の頭は、お金のことは、あまり考えてませんでした。

 

いや、正確に言えば、お金を払って楽になる、時短になるならお金払いますってことです。

 

洗濯機もそう、ホットクックもそう、電動自転車もそう。

 

これに関しては男は口を出さず、押し黙って、財布だけ渡しておいて、購入は妻の言う通りにしましょう。

 

我が家の妻は「ほんの少しでもいいから家事ストレス減らしたい」と言ってます。

 

「そんなに気になるほどのことでは・・・」と思いますが、そう思う人は、一度、1週間くらい妻のやってくれていることを体験しましょう。

 

仕事を終わらせる→ダッシュで保育園に迎えに行く→家に帰ってすぐ夕飯作り。並行して子供の相手(基本、かまってちゃんだから)→夕飯出来て食べさせる→旦那帰宅・・・という一連の流れは、休憩する暇がありません。

 

しかも仕事で疲れたりストレス溜まってたりする中でこれです。

 

時間が無い時に限って子供は「遊んで」「絵本読んで」とせがんできます。本当はそうしてあげたいけど時間が無い。けど拒むと号泣してしまう・・・。

 

そんな中で家事こなしてます。

 

だから、お金がかかっても、少しでも妻のストレスや負担が減る、という妻の意見は尊重しましょう。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

上司に告ぐ!仕事よりも育児の方が何倍も大変だってことを知れ!

出産は本当に命懸け。私の妻が産後に死にかけたおはなし

多い!!私が育休中にもらえたボーナスの金額を紹介します

育休中も給料の8割!実際にもらえた育児休業給付金の額を紹介!

【主夫記録】育休取得を即決!仕事より大事なものがある

男も育休取れるの?取得して初めて知った育休取得の権利について