営業の仕事

営業は嫌だと思うアナタ必読。営業はビジネスの全てを学べる職種。

営業が嫌だ・・・

 

営業やめたい・・・

 

営業なんてやりたくないし、配属されたくない・・・

 

そんなアナタに読んでいただきたいと思って書いています。

 

営業は確かに大変な事もあります。ですが、10年以上営業やってきて思いますが、ビジネスや世の中を生きていくにあたってとても役に立つスキルが身に付く職種と思います。

 

そういったスキルを獲得出来て、かつ、給料がもらえて、何なら成績が良くてインセンティブまで出ちゃうなんて最強じゃないですかね。

 

営業最強説をご紹介していきます。

 

営業が嫌だと思われてしまう背景(私の想い)

そもそも営業職は嫌われ役みたいな印象がある

営業というと、飛び込みや売り込みで、相手に嫌がられたり、うざったい扱いをうけたりと、何かと印象が悪い職種です。

 

実際私も最初のころは、セールスの電話やアポを取るのはすごくイヤで、早く営業辞めたいと思っていました。(正直今も少し思ってますw)

 

ですが、それってかなり情報操作されていて、確かに売り込みとか新規開拓とかありますが、実際は、その中で、困っている事、課題などに対して「何かいいアイデア無い?」と頼りにされるケースが多いです。

 

あなたも、仕事やプライベートに関わらず、頼りにされたり困っていることを相談されたら、ちょっと助けてあげようって気になりますよね?

 

あんな感じの事が結構あります。

 

門前払いとか、名刺破られるとかは、そのイメージが全ての営業職に共通した悪い印象という感じで広まってますね。

 

思った以上に嫌われ役ではないということです。

 

 

 

ペコペコ頭を下げるのが嫌

一般的に営業=お客にペコペコしているみたいな印象があるんじゃないですかね。

 

注文や契約をもらうためにペコペコ頭を下げる

 

何かミスやトのラブルあったときにペコペコ頭を下げる

 

事実、上記はあり得ます。

 

でも、常識で考えて、当たり前と思いません?

 

ハッキリ言って、注文もらったらありがとうございます、ですし、ミスやトラブルあったらごめんなさい、ですよね。

 

逆にそれが言えないのは、人としてどうか、って感じしますね。

 

こういう時に、ビジネスにおいて筆頭に立っているのが営業という職種なんで、上記のように、ペコペコしているという印象があるのでしょう。

 

頭を下げるのは、営業だけでなく、どんな職種でもあります。

 

先入観というか、固定概念ですね。

 

 

ノルマがきつい(数字に追われる)

営業=ノルマという式は良く見ると思います。

 

売上や受注といって数字をおいかけて、達成できないと怒られて・・・・。

 

こういうので営業は嫌だと思われがちですね。

 

でもよく考えてみてください。あなたの会社でも中期経営計画で、売上目標とか定めてますよね?

 

これもノルマです。

 

また、経理とか人事とか技術部門とかも、ノルマはあります。

 

じゃないと、何を目標にして仕事しているのか分からないです。また、目標が数字で表せないものは、評価が出来ません。

 

だから、営業以外でも数字で目標というのは掲げられています。

 

ノルマが、具体的に売上や受注と言った内容だから、前述のペコペコと併せて、嫌な職種と思われているのでしょう。

 

ノルマはどの仕事でもありますから、ノルマがきついから営業が嫌だというロジックは成り立ちません。

 

営業が嫌だと思っているなら知って欲しい習得可能なビジネススキル

金額などの交渉事

営業と言えばお金、お金と言えば営業。

 

取引先に対して見積を提出し、金額を交渉して契約に持ち込む仕事ですね。

 

なんでこの金額なのか、理由は、などなど、金額の妥当性を説明するのも営業の仕事です。

 

この時、取引先の業界における相場観というのが結構わかってきます。

 

この業界は高めに出しても値引き要求が無いとか。

 

このことを、逆に考えたら、あなたが何か買う時に使えます。

 

私が一番このスキルが活きたと感じたのは、結婚式の費用の交渉の時です。

 

見積額の根拠とかを入念に確認をします。

 

そうすると、利益が要るのは重々理解するがさすがにこれは相場から外れてない?というものがいっぱい出てきます。

 

そこを伝えて、妥当性の説明を求め、妥当ではないなら、金額を抑えてもらうように交渉するのです。

 

数十万は安くなりましたね。

 

傍から見たら「せっかくの祝い事に値引き要求なんて・・」と思うかもですが、数十万浮くと言えばどうですか?

 

また、値引きを要求するのも、無理矢理だったりお願いだけだったり、全くロジカルでない要求ではなく、交渉事として行っていますから、何も悪いイメージは無いはずです。

 

むしろ先入観によって悪いイメージになっているだけです。

 

このような金額の交渉については、営業をしていると自然に身につけられて、生きていく中で使えるスキルになります。

 

 

契約の交渉事や確認事

服とか家電とかを買うときには契約というのは実質的に存在しませんが、雇用契約とか、賃貸契約とかでは契約書を結びます。

 

この時の契約内容の交渉事や確認事については、営業をやっていると非常に強くなります。

 

契約は、前述の見積や金額と同様、営業の重要な仕事です。

 

この契約事では、私は賃貸契約をした時に、役に立つスキルでした。

 

部屋を借りるときに賃貸契約を結びますが、その中の契約内容を一言一句しっかりと読み、自分にとって不利な事が無いかを確認するようにしました。

 

契約は契約者両方にとって平等である必要があります。そのため自分にとって不利な事は、臆することなく伝え、必要によっては内容を変えてもらう必要があります。

 

大したこと書いてない、もともと変更できない、などと思って、ハンコを押してしまうと、その後、何かあってもその契約内容に沿った対応になります。

 

実際に契約内容をもとに争ったことはありませんが、内容を読まないで契約して後々後悔することはありません。

 

このような契約内容の確認や時には内容の変更についても、癖のように(職業病?)行えるので、知らずに契約してしまって後悔・・ということにはなりません。

 

ほぼオールラウンドのスキル習得

営業をやっていると、文系職種においては、ある程度のスキルと経験ができるので、かなり広い範囲のビジネス的な事が分かります。

 

ただし、エンジニアなどの理系職種においては、実際に仕事をする機会が少ないため、あまり習得は出来ません(多少の知識は身に付きます)。

 

なので、営業をやっていれば、以下のような経験をもとにした仕事をすることも可能です。

 

見積など数字に強い 経理やマーケティングなど
対人折衝能力 全職種に必要な能力。あるいはプロジェクトリーダーなど
ビジネスの最前線に居る マーケティング、経営企画など
多くの人と接する 人事などでの採用で人を見極める

 

幅広いですね。

 

仕事の幅も広がります。

 

 

言った言わない論争の回避

仕事もそうですが、言った言わない論争は不毛です。

 

でも営業やっていると、言った言わない論争を無くす努力を日常的に行います。

 

前述の見積額や契約内容もですが、ちゃんとメールとか文書で残しておかないと、証拠が一切残りませんから、シラを切られても仕方がないとなるのです。

 

普段の生活でも、言った言わない論争は後を絶たないと思います。

 

ただ、念書を書いたり、わざわざ紙に書き起こすのもこれまた面倒ですしやりすぎ感があるので、例えばLINEで伝えてOKの返事もらっておくとか。

 

これだけでも十分言わない論争の回避です。

 

多くの人は、意外と、「言った」という事を信じてしまいます。

 

だから、国会とか裁判は一言一句記録されます。また、警察官が聴取したときも一言一句書き起こされ、内容を確認してハンコを押さされます。

 

合意した証ですね。

 

ちなみに、私は「被害者」として警察官の聴取を受けたことがあるので上記の内容を書いています。念のため。

 

言った言わない論争は本当に不毛で何の証拠もなく争うので、重要な事なら紙なりメールなりで記録しておきましょう。

 

営業やっているとこのあたり敏感かつしっかりと対応・反応できます。

 

落としどころやバーターを見出せる

何事も、なかなかぴったりということはありません。

 

前述の通り、何かを買うにしても金額の合意が必要な場合があるなど、一方的に要求を突き付けても全く折り合わないことがあります。

 

「何が何でもこの要求を呑め!」

「無理です!」

・・・・言った言わない論争に次ぐ不毛な議論です。

 

こういう時は、何かしらの形で双方が歩み寄らないといけません。これがいわゆる落としどころを探るってやつです。

 

そのためにはバーターが要ります。

 

パッとイメージしてもらいやすいのは、家電量販店で何か買う時ですね。

 

いくつかまとめて買ったら安くしてくれ、という交渉は良くするでしょう。

 

でも、どこまで下げてくれたらOKなのかは、なかなか言えないと思います。下げるだけ下げて欲しいから。

 

となると、どこかのタイミングで店員から、もう限界です、と言われます。

 

だけどあなたはもっと値引きして欲しい。

 

こういう時に落としどころとバーターを活用するのです。

 

例えば、値引きが出来ないならポイントつけてくれ、というのは一つの案ですね。

 

一見、ポイントつけるのはあなたにとってのみ嬉しいことかもしれませんが、店側からすると、ポイントを使うためにまた来てくれるというメリットがあります。

 

家電量販店も含めて、お店というのはそもそも客が来ないと成り立ちませんよね。

 

だから、お店にもう一度足を運んでもらう手段としてポイントというのは、とても効果的なのです。

 

次回何か買う時、ポイントがある方が、実質払うお金が少なくて済みますから、他の家電量販店に流れてしまう事は、あまりないですよね。

 

このように、交渉に行き詰まったときに、メリットを受けつつも交渉を終了に導く落としどころを見つけ、そのためのバーターを提案するスキルは、営業ならではのものです。

 

まとめ

営業って、一般的には嫌われたり、やりたくない仕事と思われてます。

 

事実、その理由となっている、売り込み(飛び込み営業など)や、得意先に頭を下げるなどはありますが。それは通常のビジネスで必要な事です。

 

むしろ営業だけではなく、技術系などの理系部署でも上記のようなことはやってます。

 

また、ノルマが云々という話もありますが、ノルマは営業だけでなくどの部署に行ってもあります。ノルマ無しでノホホンと仕事している人が居れば、真っ先にリストラ対象です。

 

 

それよりも、営業職は、得らえるスキルや経験が豊富です。

 

そのスキルや経験は、仕事以外でも活かすことが出来るもので、かつ、重要なものです。

 

契約事なんかは、契約書読まないでサラっとハンコ押してしまったら、あとで何言ってもダメです。

 

事前に読み込み、不利なものがあれば変えてもらう交渉をする、なんてことはたぶん営業をやってないと出来ないことです。

 

あまり好かれない営業職ですし、大変な事も多いですが、公私ともに非常に役に立つスキルを身につけることが出来ます。

 

給料もらって、時にはインセンティブもらって、ですよ。

 

見方によってはオイシイ職種ですよね。

 

たぶんここまで経験したり習得できる職種は営業しかないです。

 

以上、営業職最強説でした。