活きた資格

月額150万円以上も可能?ITフリーランスで高単価を獲得できる理由

月額単価150万円以上の案件と聞くと、どう思いますか?

 

「いやいやそんな案件無いでしょ」

「企業にとってもコストが高すぎて割に合わないでしょ」

 

と思いますよね。

 

確かに、もし年間通じてプロジェクトに入れれば、1,800万円になります。

 

夢のような数字ですが夢ではありません。

 

実際、私が働いているIT企業でもこれくらいの単価で契約しているフリーの方がいます。

 

しかも、営業として利益等をきちんと把握している私が言えることは、高単価でも企業としては十分利益が出て、かつ、場合によっては正社員よりも安いコストとなる可能性があります。

 

いったいどういうことなのか、詳しくご紹介します。

 

これを読めば、あなたも高単価案件をゲットしに行ける気持ちになるでしょう。

 

会社にとっては月150万円の単価は高い訳では無く、正社員のコストよりも安い

フリーランスで月額150万円以上の単価は、実は会社とっては、高いように見えて、これでも安いです。

会社で発生するコストと比較すれば一目瞭然です。

 

実際、私が担当しているプロジェクトでは、プロジェクトマネージャー以外はほぼ正社員ではありません。

 

関係会社や、パートナー企業から来てもらったり、以前から別プロジェクトで入っていただいていたフリーランスの方等に参画してもらうなどしてます。

 

そのフリーランスの方の中で、ひとり、月額150万円で来てもらっています。

 

何故わかるのかというと、私は営業なので、プロジェクトの収支を確認しています。売上・原価・粗利等、数字に関するものは確認してます。

その中で、月額150万円のエンジニアを発見したのです。

 

しかし、これでも会社にとっては、正社員よりもコストは下がるのです。

 

何故か、次で詳しく見ていきましょう。

高単価案件を取れる理由

正社員のコストと比べるとそれでも安いから

月額150万円というと、結構な金額ですが、正社員にかかる会社のコストに比べると安いのです。

会社のコストというのは、

人件費としてのコスト+管理費+社員の給与

という形で積算されます。

 

例えば、私の会社では、人件費としてのコストは月額100万円程度です。

また、管理費は人件費のコストの半分程度と言われていますから、

人件費100万円+管理費50万円+給料を月額換算40~50万円と仮定すると、合計で190万円になります。

つまり、この時点で、フリーランスの方が40万円ほど、安価になっていますよね。

 

ですから、150万円以上の単価は、会社にとっては全く問題無いのです。

 

人工知能(AI)やIoTの領域で使えるスキルがある

市場規模が大きく拡大している人工知能やIoTの領域は、高単価を狙えます。

市場規模の伸びがエンジニアの数と全然あっておらず、特に人材不足が目立つ領域です。

 

つまり、エンジニアの奪い合いという訳ですね。

 

そうすると、その領域のエンジニアは、高い単価であっても採用される可能性が高いですよね。

人に対して良い表現ではないですが、オークションのような感じですね。

 

プログラミング言語でいうと、PythonやR(アール)がメジャーな言語ですね。

 

これらの言語を扱えるエンジニアは高単価を狙えます。

 

複数のプログラミング言語を扱える、複数のパッケージソリューションを把握している、要件定義も開発も出来る、など、そもそもスキルが高いと高単価を得られます。

 

 

しかし現実はなかなか高い案件が少ない、取れない。でも・・・

とはいえ、高い単価の案件、特に150万円という案件はなかなか取れません。

 

私が担当しているプロジェクトでも、原価資料を見ると、100万円以上の単価の方は殆ど居ません。

 

先に書いた、正社員の人件費100万円しか見ない(管理費や社員の給料はコストと思ってない)ため、なんとか安い単価で人を確保しようとします。

 

しかし、IT業界は基本的に人材不足状態です。

 

人が足りない時は、高いコストを払ってでも参画してもらうように動きます。

私は営業だから言えますが、「人が足りないので、受注できません」というのは、自分にとっても顧客にとっても最悪です。

 

人の問題さえ解決すれば、何億ものプロジェクトを受注できるんです。

正社員のプロジェクト参画もできるし、何より会社の利益になります。

 

絶対にそんな(というと悪い言い方ですが)理由は無しです

 

そのため、高い単価でも声をかけてくれる会社はあります。

 

悪い言い方をすれば、安い単価の人は売り切れてしまい、高単価の方を採用せざるを得ない状況になってしまったら、その人を採用する以外ありませんよね?

 

実際、私の会社での別プロジェクトの話ですが、大型案件で、受注して、プロジェクトを進めるためにエンジニアが足りないとなったとき、かなり高い単価(聞いたところによると200万円以上??)で採用したと聞きます。

 

会社としてはコストが増えますが、億単位のプロジェクトを逃すことを踏まえると、の見込める内容です。

 

ちなみに、一応この単価でも赤字にはおそらくなりませんから、会社としては問題無いのです。

 

高単価案件の為にはフリーランス向けエージェントを活用!

高単価案件を狙う場合は、エージェントを活用しましょう。

 

エージェントは、いわば、あなたを売り込みセールスマンのようなことをしてくれます。

あなたのスキルや経験をもとに、高い単価で受けられる仕事を紹介してくれます。

 

レバテックは、高単価をウリにしているエージェントです。

 

月額160万円超えなんてものあります。

 

1年丸々この単価で働けるかどうかわかりませんが、単純計算すると、年間で1920万円になります。

 

魅力的ですよね。

 

まだこのくらいの単価はあまり多くないですが、ITの人材は今後どんどん不足していきますから、人材の奪い合いとなり、単価も上がっていきます。

 

レバテックに登録しておけば、高単価の案件を紹介してもらえますから、登録しておいて損は全くありませんね。

 

\無料ご登録は、こちらからどうぞ/

 

さいごに

私が働いているIT企業では、年々市場規模が大きくなっていますが、それとは逆行する形で、エンジニアは不足状態です。

 

業界全体で見てもそうです。

 

特にIT企業は、正社員でプロジェクトメンバーを全てまかなうことは、ほぼ無く、パートナ―企業やフリーランスを引っ張って来て、エンジニアとして参加してもらいます。

 

この時、月額150万円くらいでも、正社員のコストよりは安価になります。

これは、私がIT企業の営業として、担当プロジェクトのコストを把握していますから、間違いありません。

実際、月額150万円で契約しているエンジニアも知っています。

 

今後、エンジニアの不足はますます問題になりますから、単価はどんどん上がる傾向にあります。

 

特に、伸びる分野であるAI(人口知能)やIoT領域でよく使われるPythonを扱える等であれば、なお人材としての希少価値が出て、高単価案件につながります。

 

高単価案件は、エージェントのレバテックがメジャーですので、高単価案件の獲得を目指すのであれば、是非登録して情報収集、案件紹介を受けてください。

\無料ご登録は、こちらからどうぞ/