働き方

資格取るならネットワークエンジニアを超推奨!今後ニーズが爆発??

手に職をつけれる資格が何かあればいいけど、何がいいのかわからないというあなた、ネットワークエンジニアと言う資格を聞いたことがありますか?

インターネットやシステムの構築、運用等に係る仕事を行う事が出来る資格です。

インターネットはこれまでもかなり普及してきましたが、今後ますます普及していくことが予想されており、それにともなって、ネットワークエンジニアは今後、かなりニーズが高まる仕事です。

なぜなら、現時点でも不足している状態にもかかわらず、今後ますます不足が懸念されている仕事だからです。

何か資格をと考えているのでしたら、ネットワークエンジニアを候補に入れてみて下さい。

ここでは何故ネットワークエンジニアの必要性が高まっているのかをIT企業勤務の私が解説いたします。

最後には生きた情報を得られる無料説明会の情報も記載していますので、そちらも参考にして下さい。

ネットワークエンジニアとは何か?

ネットワークエンジニアとは、コンピュータやシステムの構築、運用、保守などにあたるエンジニアのことです。

あなたも仕事でインターネットを介してネットワーク上で仕事をしたり、普段の生活でもSNSやネットショッピング等をしますよね?

そういった仕組みを作るエンジニアです。

こうした仕組みはインターネットを活用して作る事が多いのですが、会社での仕事も普段の生活でもかなり普及しており、最近はターネットやシステムは、電気・ガス・水道に次ぐ第4のインフラとも呼ばれ、非常に重要な役割を果たしています。

 

そのため、ネットワークエンジニアは、あなたの生活や仕事を支える上で、無くてはならない職種なのです。

 

 

今後、ネットワークエンジニアの必要性は今まで以上に高まる

昨今のインターネットの普及やスマホユーザーの増加等により、ネットワークエンジニアの必要性は、今後ますます増えていきます。今でもニーズはかなり高いですが、それ以上に高まります。

インターネットが爆発的に普及していますよね?

あなたもインターネットと関わらない日は無いと思いませんか?

Yahoo!やGoogleで何かを検索したり調べたり、ニュースを読むなどするのはもちろん、TwitterやインスタグラムなどのSNSを使ったり、AbemaTV等のネットテレビを見たり、もはやインターネットが無いと生活できないと言っても過言ではないですよね?

その背景には、あなたも含めて使う人が、問題無く早く(いわゆる「サクサク」)使えるようにしないといけません。

しかもそれが、利用者数が増えたり、時間や場所が変わっても、実現しないといけません。

そのために必要な技術者が、ネットワークエンジニアなのです。

それに加えて、更に最近は、IoTと言う言葉を聞いた事があるかと思います。

IoTはモノのインターネット化と言われるものですが、これらも基本的にはインターネットを使用することになります。

CMでも見ると思いますが、エアコンや電気のオンオフ、犬のエサやり、お掃除ロボット起動等をスマホで出来るようになってきたり、調理器具が自動でレシピを更新したりしていますが、これらはインターネットがきちんと整備されているからこそできるのです。

そしてそのようなインターネットとつながる機械が今後、どんどん増えていきます。産業用の機械(工場にあるような機械)だけでなく、あなたのようないわゆる一般消費者向けの製品でも今後爆発的に増えていきます。

インターネットが機械とつながり、それが増えていくと、それと同時に「負荷」と呼ばれるものが増えます。

例えば1月1日の0時くらいはネットやSNSが繋がりにくくなったり、LINEもなかなか送れないという状況になったこと、ありますよね?

あれと同じで、インターネットに繋がる人やモノが増えていくと、それにともなって負荷が増えていき、サクサク繋がらなくなります。

そうならないように、ネットワークエンジニアは、その負荷を考慮して、インターネットを構築したり、あるいは増やすために欠かせない人材なのです。

サクサク動かないと日常生活に支障が出て来るレベルにまで、インターネットは普及してきていて、かつ、必要不可欠と言っても過言ではないので、ネットワークエンジニアの重要性と必要性が高いのです。

 

ネットワークエンジニアになるために情報収集はどうすればいいか?

ネットワークエンジニアに関しての本はいくつも出版されていますが、現状や最新の情報を得るには、生の声を聴くのが一番です。

システムやネットワーク関連の業界は、移り変わりが非常に早いですし、新しい技術の開発も早く、情報量も多いです。

そこで、実際に法人企業のネットワーク構築を提供しているネットビジョンシステムズが主催のエンジニア育成スクールの無料説明会で情報収集をしてみてください。

ネットビジョンシステムズは、法人企業へのネットワーク構築やセキュリティ対策を提供していて、住信SBIネット銀行や、NTTデータの関連会社とも取引のある会社です。

そのネットビジョンシステムズが主催している育成スクールがネットビジョンアカデミーというITスクールです。

ネットビジョンアカデミーは、未経験者が選ぶスクール第1位、即戦力になれるスクール第1位等多くの実績があり、NTTデータ等の大手が就職先として提携しています。

専門家から生の声を聞いてみるとイメージがわきやすいですよね?

一度話をきいてみれば、疑問の解消や理解が深まります。また、あなた自身とマッチする仕事かどうかもわかります。

無料説明会は誰でも申し込めるので、こちらからどうぞ。

 

さいごに

インターネットが無いと生活に支障が出るといっても過言ではない昨今、インターネットは、電気・ガス・水道に次ぐ第4のインフラと言われています。

その第4のインフラを整備したり、作ったり、修理したりするのがネットワークエンジニアです。

そして、その第4のインフラであるインターネットは、これまでは情報を検索したり、共有したりすることに使われていましたが、今後はインターネットを使って何が出来るか、どれだけ便利になるか、という方向に向きます。

例が、家電をスマホでオンオフさせる事が出来る、カフェやホテルでWi-Fiが当たり前につながる、テレビがインタ―ネットで見れる、などです。

このような便利さや快適さを実現するためにネットワークエンジニアは必須ですが、その人材は不足しています。

事実、2030年くらいには数十万人規模で不足すると言われています。

そのため、逆手に取れば、ネットワークエンジニアは引く手あまたの人材と言えます。

本業としても良いですし、副業としても良いので、今のうちからを情報収集を進めておくことをお勧めします。

そのために、生の声や生の情報が大切です。

ネットビジョンアカデミーの無料説明会では、そのようなインフラエンジニアの資格取得等について、生きたリアルな情報を収集できます。

先を見据え、一度話をきいてみてはいかがでしょうか?

無料説明会への参加はこちらからどうぞ。