転職

営業でノルマ無し?定時退社?超大手企業の人間らしい生活をご紹介

ノルマは厳しいし日々仕事に追われて全く余裕が無い・・・

定時退社は夢物語で、明るいうちに会社を出た事は無い・・・

 

そんな激務な毎日だと心も体もそのうち限界に達します。

 

出来るなら、もう少し楽したいところですよね。

 

そんな時は、大手企業を目指して転職を考えてみてはどうでしょうか?

 

私は実際に超激務企業から大手に転職したところ、仕事の負担は減り、心身の負担は大幅に減り、プライベートも充実しました。

 

実際どんな感じだったのか、ご紹介します。

 

最後には、私が大手に転職できたやり方をご紹介していますので、参考にして下さい。

 

激務から抜け出したくて転職した超大手企業はとても優しい

営業なのに、数字的なノルマが一切無い

転職した先は、職種としては営業職なのですが、ノルマがいっさいありませんでした。

 

しかもそれは転職初日のオリエンテーションで、所属する部署の課長から言われました。

 

仕事内容的に、数字的ノルマが立てにくい長期プロジェクトを担当するので、確かにノルマは立てられません。

 

が、それにしてもノルマが無いというのは衝撃でした。

 

しかも営業という、売上や利益を目標としてそれに向かって突っ走る仕事なんじゃないかなと思ってましたから、かなり意外でした。

 

これまで全ての数字に追われて、しかもめちゃ厳しいノルマが課されていた前職でしたので、初日から驚きとともに、「よっしゃー!」と思いましたね。

 

営業なのに、価格交渉や契約交渉などを殆どしない

営業の辛い仕事のひとつは価格交渉、正確に言えば値引き交渉です。

あといくら下げれる?10%は下げれるよね?などと言われるアレです。

 

しかし転職した超大手では、私は殆ど交渉事をしませんでした。

 

契約のことだけではなく、見積額の交渉なども、ほとんどしてません。

 

実際に交渉するのは、支社にいる担当者だったからです。

私は支社の担当者が交渉してきた結果を上長に報告して承認を得るのです。

 

座って待っていれば交渉が終わり、座って稟議書書いて、上司がOKならそれで終わりという感じです。

 

これは驚きました。

 

ですが、私が行って交渉すると、支社の仕事を奪ってしまいますから、それは越権行為になるので出来ませんでした。

 

交渉事は結構ストレスになりますから、それが無いのはとても楽でしたね。

 

 

仕事の8割がデスクワークで資料や稟議書の作成

営業という仕事なのに、みんな殆ど外回りに行きません。

 

もくもくとパソコンとにらめっこして、たまにある外回りのための資料を作ったり、稟議書を書いたりしてます。

そしてそのために膨大な資料を読み、倉庫に探しにいったりしています。

 

それもそのはず、職種は「事務技術」という名称で、所属としては営業部門なのですが、こんな名前です。

これは会社で統一された言い方で、文系職種はみなこう呼ばれてました。

 

見積書を出すにも、何故この金額なのか、過去に似たような件はあるのか?それと比較してどうか、などありとあらゆる情報を決裁書に書かねばなりません。

 

そのためには過去の案件や実績などをしっかりと調べないといけません。

 

また、外回りの際にもっていく資料作りにもかなり時間をかけます。

 

資料は独り歩きしますから、そうなっても変な伝わり方がしないような表現や書き方にしないといけません。

 

そして、見積も、資料も、全て上長の決裁が必要です。

 

一見、かなり手間に思えますが、逆に言えば、資料が独り歩きしても大丈夫ですし、見積金額は説明性がしっかりと担保されています。

 

また、決裁者の課長やその下の主任が社内的にも社外的にも責任を取る形になるので、担当としては、面倒な仕事でしたが、安心して仕事ができました。

 

ほかにも、パソコンとにらめっこするタスクに議事録作成があります。

 

社内外問わず打合せの議事録を作成します。

 

プロジェクト担当でもあったので、多くのメンバーに知らさねばならないからです。

正確に伝わるように、みっちりかつ簡潔に書きます。

これだけで半日かかることもありますが、大切な仕事なので、問題無いのです。

 

このように、営業という仕事なのに、社内でのパソコン作業が8割以上という仕事でした。

 

最初はデスクワークに慣れませんでしたが、時間やノルマに追われて客先を回っていたころと比べても、椅子に座ってコーヒーのみながら資料を作る仕事は、人間らしいというか、ストレスが大きく減ったように感じるものでした。

 

 

出張の時は半分旅行気分で行ける

先に書いた通りあまり外回りに行きませんが、時々出張がありました。

ですがそれも半分旅行気分で行けますし、ほとんどの出張で会食がありましたから、もう半分どころか殆ど旅行です。

 

前の会社では出張に行ったら、行きつく暇もなくアポや打ち合わせを入れまくって終わったらホテルでぐったり・・・という感じでしたからね。

 

信じるか信じないかはあなた次第ですが、私が実際に行った超お気楽出張を紹介します。

 

北海道出張
1日目 昼移動 夕方1時間打合せ その後会食
2日目 昼移動 その後会社へ

 

福井出張
1日目 昼移動 夕方会食
2日目 午前中現場視察 午後移動 直帰

 

九州出張
1日目 昼移動 夕方会食
2日目 午前中打合せ 午後移動 直帰

 

福島出張
1日目 昼移動 夜会食 何故かスパリゾートハワイアンズ泊
2日目 午前中現場視察 午後移動 直帰

 

高知出張
1日目 午前移動 午後打合せ(一言も発せず) 夜会食
2日目 午前移動 午後出社

 

 

ざっと思い出せるだけでもこれくらいあります。

 

しかも会食と書いているのは接待扱いなので全て会社で費用負担。

 

 

仕事ってこんな楽ちんなのか、世の中にこんな楽な仕事があるのか、と思いました。

 

反対に、こんなんで良いのか?と思うこともあるくらいでした。

 

 

言われた仕事だけやっていればそれで良いという文化

とある企業では「仕事は自分から創り出すものだ」というような社訓もあるようですが、私が経験したのは、「言われたこと、指示されたこと以外はやらない、やらなくていい」というものでした。

 

逆に言えば、余計なことはするな、ということです。

 

先にも書きましたが、何をするにも上長の承認が要ります。

こういう仕事をやりたいと思います!ということも上長の承認を取らないと前に進めません。

 

逆に言えば、上長が全てにおいて責任を取り、面倒を見ることになります。

 

そうなると今の仕事もあるのに、更に何か新しい事に対して責任を負う。

 

上司としては、避けたくなりますよね。

 

担当者としても、上長にきちんと説明して理解してもらって承認もらわないとそもそも新しいことが出来ない、そして余計な仕事を増やさないようにしたい上司。

 

こういう考えがあるので、みんな、指示されたこと、やらなくちゃいけないこと以外はやらないのです。

 

ノルマが無いですから、ノルマ達成のために何をしないといけないのか、という事を考えなくていいので、みずから新しいことをやろうとしないのです。

 

拍子抜けする人も居るかもしれませんが、この楽な感じに慣れてしまうと、抜け出せなくなるんじゃないかと思うくらい楽です。

 

 

仕事が楽な会社に転職するには?

今の仕事が辛いなら、楽な仕事に転職したいと思うのは普通です。

ですが、現実は、楽な仕事がしたいと言って、あなたを採用してくれるところはありません。

 

ただ、伝え方や発想の転換を行えば、あなたも心身ともに楽な仕事に就くことが出来ます。

 

それを助けてくれるのが、転職エージェントです。

 

転職エージェントに登録して相談すれば、あなたの悩みを把握・理解し、それを転職する全うな理由にうまく変換してくれて、おまけに、要望に沿った求人を紹介してくれます。

 

そしてその求人での仕事内容はもちろん、社風や文化、人間関係までも事前に教えてくれます。

 

無料登録後に一度面談しますが、その時に率直に「楽な仕事がしたい」と言い切ってしまえば、あとはエージェントがいろいろヒアリングしてくれて、その結果をもとに求人紹介してくれます。

 

私は主に【リクルートエージェント】【パソナキャリア】に登録し、相談して、「楽な仕事の会社」に転職できました。

 

当時は私もエージェントがどの程度のものか知らなかったので、登録前は全く期待していませんでしたが、紹介を受けたのは超がつく大手でしかも優良企業をいくつも紹介してくれました。

 

ですから、悩んでいるのであれば、まずはエージェントに登録して相談してみてください。

私が登録したエージェントには、こちら↓から登録できます。




 

さいごに

誰でも楽な仕事に就きたいと思ってます。

毎日定時に帰れて、そこそこ給料もらえて、人間関係も良い会社で。。。。は理想ですが、なかなか巡り合えません。

 

おまけに、楽な仕事がしたい、ぬるい会社に転職したい、というネガティブな理由で採用してくれるほど会社は甘くないです。

 

会社は利益を上げてナンボですからね。

 

とはいえ、今の仕事が辛いなら、転職を考えるべきです。

 

楽な仕事がしたい、ぬるい会社で働きたいというような思いがあるなら、転職エージェントに相談して、どんな仕事があるのかをまずは探してみましょう。

 

 

楽な仕事、ぬるい仕事なんて無いと思う前に、ダメでもともと騙されたと思ってエージェントに相談してみてください。

 

そうすれば、すぐにでも、あなたの悩みが解決されるはずです。

 

実際、楽な仕事がしたくて、転職したいと思ってエージェントに相談した結果、超大手優良企業に転職できた私が今ここに居ます。

 

まずは一度相談してみてください。それから判断してください。

 

きっと相談して良かったと思えるはずですから。