働き方

10年後のキャリアプランはありますか?先を見据えた行動が必要

 

サラリーマンをしていると、キャリアプランとか、育成計画とか、会社によってまちまちですが、存在すると思います。

 

でもそれって、会社にとって、あなたがどうなって欲しいか、と言う視点に近いものですよね?

 

重要な事は、会社は二の次にして、あなたが10年後にどうなっていたいか、です。

 

その点を踏まえてキャリアプランについてみていきましょう。

 

10年後のキャリアプランの考え方

今の仕事の10年後はどうなっているか予想してみる

まず重要な事は、今の仕事を続けたら10年後どうなるか、です。

 

身近なのは、会社に居る10歳上くらいの人を見てみましょう。

 

課長になっている、部長になっている、などなど会社によって違いますが、どういう仕事をしているのか、何となくわかると思います。

 

それを見て、あなたは、そうなりたいと思いますか?また、そういう仕事が出来る、やりたいと思いますか?

 

YESなら今のまま、仕事をしていけばいいですが、出来ない・やりたくないのであれば、どうしたいのか?を考えてみましょう。

 

別の仕事がしたい(別の部署に異動したい、転職したい)なのか、それとも・・・?

 

それをまずはうまく形にすることが重要です。

 

 

10年後にこうなっていたいと思う自分の姿を考える

上記の、別の仕事をしたいのか・・・?と言う点において、重要なファクターとなるのが、10年後にこうなっていたい、という自分の姿を考えることです。

 

何でも良いです。

 

課長になっておきたい、大きなプロジェクトを任されたい、あるいは、具体的になるならば、今の仕事でキャリアを積んで別の仕事をしたい、等の仕事のこと。

 

他にもプライベートな事として、例えば結婚しておきたい、子供を授かりたい、あるいは独身まだまだ謳歌中でもいいでしょう。

 

思いつく感じでよいですよ。

 

それを踏まえて、じゃあ、直近3年はどうしたらいいのか、その次の3年は?というように、短期間でやるべきこと、到達すべき目標を決めるんです。

 

イメージわかないかもなので、私のを参考にしてみてください。

 

私の場合は、34歳(2017年)の時に、1人目の子供が1歳になったタイミングで育休を取得しました。この時に色々と考えたプランがあります。

 

これまでの説明をより具体化するため、10年後から逆算して書いていきますね。

 

10年後(2027年:44歳)
  • ほぼセミリタイア状態だが、会社は辞めず、適当にリモートで仕事を行い、副業と趣味にいそしむ。
6年後(2023年:40歳)
  • セミリタイヤ目標。ただし、会社員としての種々のメリットを感じているので、会社は辞めない。
  • 基本リモートワークの仕事で、企画系の仕事。
  • 会社は今のままの予定。企画等の希望部署に行けないなら転職も考える。
  • 副業としてブログ等で収入の柱を作り、会社の給料と副業で2本柱にする
  • 車好きを謳歌するためにガレージを買う。そこでリモートワーク
3年後(2020年:37歳)
  • セミリタイヤに向け、副業に力を入れる。
  • 出来れば2020年のうちに、ブログで月10万円ほど稼げるように試行錯誤を繰り返す。
  • 仕事優先であるが、隙間時間を活用してブログ執筆等。
  • 仕事はほどほどに行い、家族と副業を優先させる。
現在(2017年:34歳)
  • 育休から復帰したら、仕事と並行してブログを書く。
  • 収入を2本柱にする

 

ざっと簡単ですが、こんな感じです。

 

育休中に、何のために働くのか、人生において優先すべきことは何か、等を非常に深く考えることとなり、至った結論は、「適当に働く」です。

 

つまり、人生をかけて身を削って仕事をしたり、家族に負担をかけたりして仕事をするのではなく、適当に仕事をしてそれなりの結果を出すということです。

 

加えて、仕事1本の収入の柱ではなく、2本3本と複数設けることが大切と気づきました。

 

サラリーマンという立場は安泰と言えば安泰です。しかし、最近は大手企業があっさりとリストラするなど、安泰ではなくなりつつあります。

 

また、もし複数の柱が成長してサラリーマンとしての収入を超える等出来れば、サラリーマンとしてはもっと適当で良いのです。

 

こうすれば、サラリーマンとしての人生における負担は減らせます。

 

究極は、フリーランスのようにサラリーマンではなくなることですが、それはそれでリスクがあると思っているので、あくまでサラリーマンであることは重要かと思っています。

フリーランスが危険だとか辞めた方が良いという事は毛頭思っていません。また、フリーランスの方をどうこう言うつもりもありません。

私個人の見解、スキル、性格やこれまでの経験や思考等を踏まえた結論です。

 

このように、公私混同でOKなので、あるべき姿、なりたい姿を描き、そこから逆算していけばいいんです。

 

あとは早め早めの実行あるのみ

ざっくり出来たら、あとは実行していくだけです。

 

そしてその実行を早めに前倒しで行うことです。

 

正直、3年なんてあっという間に過ぎます。歳を取るにつれて、1年の感覚は短くなります。

 

また、ライフステージが変わったり、すると、さらに時間の進む速さは増します。

 

まああと2年あるしな、と思っていたら、プランの遅れに繋がります。

 

計画は途中で必ず頓挫したり、イレギュラーな事が起こったり、外的要因の影響を受けます。

 

なので、余裕を持って、早すぎるくらいに実行していった方が良いです。

 

極端ですが、3年後には転職していたい、って思っているなら、今すぐ転職活動を始めるとかです。

 

 

早すぎても良くないかもしれませんが、遅かったリ計画遅れになったりすると、そっちの方が良くないです。

 

全てが後ろ倒し、つまり、狂いが発生します。

 

気を付けましょう。

 

 

10年後のキャリアプランの必要性

5年でもいいと思いますが、中途半端かなと思います。

 

5年くらいだと、例えば新卒から5年だと、まだ役職がついていない人が多いでしょう。

※ベンチャーだったり、規模の小さい会社ならありえるかもしれません。

 

5年後って、意外と近い将来で、そこまで何か考えるべきか?という時間軸になります。

 

そこで、10年先となると、意外と5年先よりもクリアに考えれることが多いんです。

 

例えば上記にもありますが、新卒から10年経つと、だいたい32~33歳くらいですよね?(院卒とかだともう少し上)

 

となると、結婚していたり、子供が居たり、あるいは海外赴任になっていたり、なんて可能性もあります。

 

この「可能性」が重要です。

 

あなたの10年後の可能性は何か、です。

 

それは今の会社でどうこうでもいいですし、別の会社とかでもいいです。何なら起業してても良いです。

 

10年後にあるべき姿は何か?そこに秘められた可能性は何か?そのためには逆算して何をすべきか、という順と視点で考えます。

 

結構大それたことを言っているように聞こえるかもしれませんが、意外と適当というか、ノリで考えるくらいでいいです。

 

そうじゃないと、ガチガチすぎて逆に大変です。

 

仕事に人生を費やすんじゃなく、あなたがいかに楽しく生きれるのかをモットーに考えるとなお楽しいでしょう。

 

 

まとめ

10年後のキャリアプランは、超ざっくり、テキトー、思いつくままに考えてみてください。

 

10年後どんな風になっていたいか、それは今の仕事を続けるとか、会社に居続けることでたどり着けるのかどうか・・・等。

 

プライベートももちろんまぜこぜにして考えるのがベストです。

 

そうすると、人生において、何を重要視すべきか、あなたの可能性は何なのか?といった、結構重要なことが浮かび上がってきます。

 

あとは、それらを踏まえ、10年後を目指して、もう少し短いスパンでの計画や目標を作るのです。

 

3年単位とか5年単位とか。

 

で、実行です。出来れば早めの実行がベストです。時間は止まりませんし、歳を重ねるごとに、時間の経過は早くなり、あっという間に1年や2年は過ぎます。

 

10年後といいつつ、気づいたらあと5年になっていて何もできてない…てな事にもなりえます。

 

仕事だけでなく、プライベートも、そして人生そのものを有意義なものにするためにも、10年後のプランは計画しておきましょう。

 

必要ならば今すぐ行動です。