育休中も給料の8割!実際にもらえた育児休業給付金の額を紹介!

育休は、その名の通り、育児のための休業ですので、仕事はしません(出来ません)。

育休中は給料が出ません。そう聞くと、その間収入ゼロなのか・・・と思ってしまいますよね?

先に書いた通り、育休中は給料が出ません。この給与ゼロの期間を埋めるのが、「育児休業給付金」という制度です。

一般的にはの給料の67%(ただし、給料の上限は約45万円で、それ以上は一定額)がもらえるとことになっていますが、実際はもっともらえます。

何故なのか、その理由も併せて紹介します。

 

僕が育休中にもらえた給付金はどのくらいか?

育休中は、会社から給与は出ませんが、代わりに国から(正確には管轄しているハローワークから)「育児休業給付金」がもらえます

実際にもらえた金額は申し訳ないですがお伝え出来ませんので、給与の何割がもらえたのかを記載します。

  • 条件①:リアルな額は書けないので、育休前の手取り額を100という指数にます。ちなみに実際の手取りは、給付金支給の上限額未満です。
  • 条件②:給付金は2ヶ月分まとめて振り込みなのでそれを月額に換算しています。

 

A:住民税引かない B:住民税引く
育休前手取り月額 100 100
育児休業給付金 91.2 81.2

 

私の場合、住民税は、育休期間分をまとめて会社に払ってそこから会社が払ってくれたので、純粋に振込まれた額だけを見るとAパターンの割合でした。

ですが、実質的には住民税分を考慮する必要があるので、Bパターンになります。

いずれにしても、実際は給与の67%が上限なのですが、育休前の手取りの8割以上の金額をもらう事ができました。

 

 

何故給料の8割以上も給付金がもらえたのか?

社会保険料の支払いが免除されるから

社会保険料とは、健康保険と厚生年金の保険料を指します。

育休中は、これが全額免除になります。

育休前は、給料から社会保険料や税金等が色々引かれた額が口座に振り込まれますよね?

天引きというやうです。

天引きされた額が手取りになりますが、育休中は社会保険料の支払いが免除されるため、給付金から一切引かれるものが無く、丸々手取りになります。

何か特別な手続きが必要な訳ではなく、会社内の手続きに従って必要な書類を出せば、あとは会社が申請してくれます。

なお、社会保険料が免除される期間は、育休を開始した日の月から、終了する日の翌日の月の前月までの期間です。

ちょっとややこしいですが、以下例を見ればわかりやすいと思います。

例)育休期間が2017年5月16日~2018年3月19日の場合→この場合ですと、免除期間は、2017年5月分~2018年2月分まで となります。

 

所得税を払う必要が無くなるから

所得は10の区分に分かれていて、僕を含めた会社員は、「給与所得」という区分に該当し、給料をもらっている人に課税されます。

育児休業給付金は給料ではないので、所得税が課税されない、ということになります。

ちなみに所得の10の区分は、①利子所得、②配当所得、③不動産所得、④事業所得、⑤給与所得、⑥退職所得、⑦山林所得、⑧譲渡所得、⑨一時所得、⑩雑所得 に分けられます。詳細は国税庁のホームページに記載されています。

ホームページの該当箇所を見る

 

 

雇用保険を払う必要が無くなるから

雇用保険は、給料が発生する場合に支払う必要があるものです。

育休中は給料が発生しないので、雇用保険も払う必要が無い、ということになります。

社会保険料に比べて、雇用保険の額は少ないですが、それでも払う必要がなくなるのはありがたいですね。

 

育児休業給付金をもらう際の注意点

原則2ヶ月に1回申請が必要

1回の申請で完了ではありません。

だいたい2ヶ月分まとめて振り込まれるます。

そして、その次の給付金をもらうためには改めて申請が必要になります。

申請書類は恐らく会社から送られてきます。署名捺印(認印でOK)して返信すれば、後日振り込まれます。

私も、育休中は当然会社に行きませんので、自宅に書類が届きました。申請書の内容と対応が必要なこと(署名、捺印)が書いてありました。

金額はあなたの給料がベースとなって計算されますので合ってる間違っているは確認不要です。

 

育休に入ったらすぐにもらえる訳ではない

私の場合、最初に振り込まれたのは、育休に入って4ヶ月後でした。

つまり、それまで、私の収入はゼロです。会社にもよりますが、最低でも3~4ヶ月はかかるようです。

これは、育児休業給付金の申請に当たって、給付金支給の対象であることを証明するため必要です。特に、

育休期間は、育休前の8割以上の給料をもらっていないこと

という条件を満たすことが確認された後に手続きに入るためです。

 

育休に入るタイミングにもよりますが、育休開始の翌月か翌々月くらいに会社が申請し、それが役所で受理されて、金額が決定し、支給されるまで、となると、3~4ヶ月はかかります。

しばらく収入が無いのは結構きついですが、のちのちちゃんと振り込まれますので安心してください。

 

しかし、時期がずれるということは、あなたが仕事に復帰したあとも、給付金が支払われることになります。

単純に、育休のスタートと給付金の支給がずれているから、という理由だけなのですが、何だか得した気分になりませんか?

 

実際、私も復帰したあとに給付金が入ってきました。4月に復帰したのですが、4月と6月に確か振り込まれた記憶があります。

先に書いた通り、時期が後ろ倒しになっているだけで、もらえる給付金の額が変わっている訳ではありません。

それでもなんだかダブルインカムになった気分でした(笑)

 

さいごに

育児休業給付金は、私が実際にもらえた内容を踏まえると、

  • 規定上は給与の67%(上限あり)ですが、社会保険料控除の為、実際には育休前の手取りの8割以上もらえた。ただし、人により多少差は出る。

 

  • 支給条件の審査や手続きを考慮すると、最初にもらえるのは育休が始まってから3~4ヶ月後

 

  • 給付金をもらうためには2ヶ月に1回程度の申請が必要

 

となります。

厚労省のHPや一般的な情報としては給料の67%と規定されていますが、社会保険料免除等により、実際にもらえる額はそれよりも多く、育休前の8割以上となりました。

語弊があるかもしれませんが、働いていないのに、給料の8割以上もらえるんです。

社会保険料が免除されるというのは、はっきりと規定にも書いてますが、会社によって保険料は異なるため、一概に67%より増えるとは言えないのです。

 

しかし、これを読めば、少なくとも7割以上はもらえるんだなと言う事がわかってもらえると思います。

想像以上の金額が給付金としてもらえるので、働いている時よりは減りますが、生活できる程度の給付金はもらえます。

なので、育休を取ろうと考えている方は、お金の面はあまり心配しないでよいです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

出産は本当に命懸け。私の妻が産後に死にかけたおはなし

男が育休取ると何で色々聞かれる?実際に私が受けた質問から考えてみる

【主夫記録】育休取得を即決!仕事より大事なものがある

妻が欲しいと思う家電家事グッズは9割方買って損しない

上司に告ぐ!仕事よりも育児の方が何倍も大変だってことを知れ!

育休中にボーナス?給付金があるのに実はボーナスまでもらえちゃう!